わんこと私とシルバーと

わんこは私の愛すべきパートナー。 銀粘土は私の思ったものを形にしてくれる。 私の大好きなもの達のお話。。。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グラスリッツェン2回目

今日は、2回目のグラスリッツェンの教室でした。
前回、宿題だったもの。
P104010811.jpg
先生に手直しして頂き、注意点を教えて頂きました。
自分ひとりで、納得いくものが出来上がるには、まだまだ時間がかかりそうです。

今日もハートのお皿に、違う絵柄を彫ってきました。
光が何処から当たっているのかを、頭に入れながら、色の濃淡を出していきます。
でも、その光が何処から当たっているかって事、説明を聞きながら、私の頭の中で、なかなか繋がらなくて。。。分ったような、分らないような。。。
先生は褒め上手なので、「大丈夫、出来てる。」と言ってくださるのですが、どうも自信が持てないなぁ。

でも、銀粘土も、話を聞いているときは、それが何なのか分らなかったけれど、続けているうちに、ある瞬間!、点と線が繋がった!みたいな所があるので、まずは手を動かす事で、感覚を養っていければと、焦らずに進んでいこう。

まだ先だと思いますが、写真から図案をおこして作品を作る事も出来るそうなので、いつかチャチャとシンディを描ける日を夢見て、今日の宿題を完成させつつ、来年も続けてみようと思ってます。

Comment

No title 

ん~。懐かしい。
大昔グラスリッツェンにはまったことがあります。
んで、ネットショップをちょこっとやってたことも。( ̄ー ̄;)ゞ
何種類かの絵柄を決めて、希望の名前を入れるというもの。
一年ぐらいでやめちゃったけど、その時のグラスがまだ沢山物置に眠ってますわ・・・。
なんとかせねば。(^▽^;)
リッツェンは白い線で出るから普通の絵と違ってネガポジ逆になるので、光の取り入れ方が解りにくいけど、慣れれば大丈夫ですよ~。
動物は毛並みの出し方がポイント。
頑張ってくださいね~。(^^)
  • posted by moobu 
  • URL 
  • 2008.12/16 09:27分 
  • [Edit]
  • [Res]

それって分かる気がする・・・ 

先生から説明聞いてるときは(ふ~ん、そうかぁ)と思いながら「はい!わかりました!」ってお返事するんだけど、自分のものにはなってないんだよね。

いつかやってるうちに「おぉ!このことを言ってたのね。」と突然納得する瞬間があるのです。
  • posted by *しふぉん* 
  • URL 
  • 2008.12/16 15:20分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

うわ~、chashikaさん、いろいろなことにチャレンジされているんですね。
とっても、素敵な器です。
  • posted by おだんご 
  • URL 
  • 2008.12/16 22:02分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

グラス・・も彫金も習って、すごいな~羨ましいです。
習うって、楽しいものね。

「ある瞬間、点と線が繋がる!」って感覚わかる~。私も銀粘土のときそうでした。習い始めて半年後でしたよ・・・(汗)。それまでず~っと「これ向いていない」と思いながらやっていたのよ(笑)。リタイヤしなかったのが不思議。。
  • posted by m♪ 
  • URL 
  • 2008.12/16 22:54分 
  • [Edit]
  • [Res]

moobu さん 

moobu さんもグラスリッツェンをされてたんですね。ネットショップをなさるほどという事は、かなりの腕前なのですね。
チマチマと細かい作業は、銀粘土で作るミニマムたちと共通するような、しないような。。。
グラスが沢山あるんでしたら、今度、シルバーのショップカードのデザインなどを彫ってみたら如何ですか?見てみたいな~。
>普通の絵と違ってネガポジ逆になるので、光の取り入れ方が解りにくいけど、慣れれば大丈夫ですよ~。
成る程~、逆なのですね。
段々、分ってくるのは半年後からと言われたので、焦らず、やってみます。
>動物は毛並みの出し方がポイント。
やっぱり、毛並みなんですね~。
早く、犬を~彫ってみたいですぅ。


  • posted by chashika 
  • URL 
  • 2008.12/16 23:13分 
  • [Edit]
  • [Res]

*しふぉん*さん 

そうそう、”自分のもの”になっていないんですよね。やっぱり、これは説明ではなく、身体で覚えていくしかないのですよね。

グラスリッツェンでは、一体、何時その瞬間がやってくるのか、楽しみにしながら、やっていきます。
  • posted by chashika 
  • URL 
  • 2008.12/16 23:17分 
  • [Edit]
  • [Res]

おだんごさん 

運良く、良い先生方に出会う事が出来て、色々勉強しています。

こういう、ものを作り出すという作業は、一見、まったく違うと思われるものも繋がっている様に思えます。技法を覚えて、納得できるものが描けるようになったら、色々コラボして、新しいものが作れたらなぁと思っています。
グラスリッツェンは、細いペンの様な物の先にダイヤモンドの粉が付いていて、それを使ってガラスに手彫りで絵を描いていきます。
出来上がるまでに時間はかかりますが、楽しいですよ。
  • posted by chashika 
  • URL 
  • 2008.12/16 23:27分 
  • [Edit]
  • [Res]

m♪さん 

何かを習うって、やっぱり楽しいですね。
それに、今習っている先生、お二人は尊敬できる方々なので、技術はモチロンの事、それ以外でも得るものが沢山あります。

二つも習い事をして、そんな事ばかりしてていいの?。。というココロの声が聞こえてくる時もありますが、多分、今は、勉強する時期というか、そういう巡りあわせの時なのかも知れません。

ある瞬間を手に入れる為に頑張ります。

m♪さんにとっても、銀粘土は、こうなる巡り合わせだったのですね。
  • posted by chashika 
  • URL 
  • 2008.12/16 23:35分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

ある時、点と線が…ってよくわかりますよ!
そうですよね、最初はわからなくて
眼の前のことだけで精いっぱいで何をしているのかもわからなくても、
ある時ふっとわかる時が…^^
そんな瞬間が楽しいからモノを作ったり、習ったり
してしまうんだと思います^^
  • posted by mika* 
  • URL 
  • 2008.12/17 19:01分 
  • [Edit]
  • [Res]

mika* さん 

一度、分ってしまうと、今まで見えなかったものが見えてきて、更に、その楽しさにハマってしまいますよね。
やっぱり、皆さん同じなんですねぇ。
  • posted by chashika 
  • URL 
  • 2008.12/19 00:37分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

銀粘土教室案内

銀粘土教室は暫くの間、お休みします。

プロフィール

chashika

Author:chashika
結婚の為、福島県福島市に来ました。

2006年6月にアートクレイシルバー(銀粘土)のインストラクター資格を取得後、自宅教室や出張教室、イベントに参加しながら、講師活動を行ってます。

我が家のわんこ、ポメラニアンのチャチャ(14歳)とトイ・プードルのシンディ(13歳)の事や日々の出来事。
銀粘土で、世界でひとつのオリジナルな作品を作る楽しさを、お伝えできたらいいなぁと思っています。

2008年7月より、以前からやってみたかった彫金教室に通い始めました。

2010年4月にチャチャは私の元から遠くへ旅立ってしまいました。暫くブログを書いていませんでしたが、また頑張ろうって思ってます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事

月別アーカイブ

07  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。