FC2ブログ

わんこと私とシルバーと

わんこは私の愛すべきパートナー。 銀粘土は私の思ったものを形にしてくれる。 私の大好きなもの達のお話。。。

Entries

悲しさの理由

先日、少しだけブログをお休みして、あれから気持ちの整理がだんだんついて来たので、これからどうするかは、まだ分りませんし、ここに書くのも迷いましたが、やっぱり書き残す事にしました。
この薔薇が彫れたから。。。

P1040596_convert_20090525220540.jpg

GW開けにグラスリッツェンの先生が他界された事を知りました。
葬儀は私が知った時には終わってしまっていたので、ご自宅を訪ねてお線香を上げさせて頂いて。。。
でも、暫くは先生がいなくなってしまった事が信じられなくて。。。
4月18日の電話が先生との最後の会話となってしまった事。今でも先生の言葉が耳の奥に残っています。
6月には動き回れるようになるから、そうしたら再開しましょうって、約束したのに。。。
突然、いなくなってしまった先生。
作品を仕上げて見てもらう度に、私は、自分の出来ばえには自信が無くて、「どうですか?」と聞くと「うん。大丈夫だ、出来てる。」といつも自信を与えてくれました。
去年12月から始めて、3ヶ月の短い期間でしたが、先生の生徒だった日々はとても充実していました。沢山学ぶ事もあり、学びたい事が沢山ありました。時には悩み事を聞いて頂いたり、そして何より、こんな私の成長をとても期待して下さってました。

忙しい時期もあったけど、頑張ってガラスを彫って、見せた時に、「こんなにやってきたの。」って喜んでもらえるのが嬉しくて。。。
ずっと先生がおっしゃっていた、全てを教えるから資格を取ってから教室を引き継いで。。。
という思いは途絶えてしまったけれど、これからも時間がある時は、少しづつ彫っていこうかな。

ただ今は、分らない所が出てきても、どんなに頑張ってみても、もう二度と先生に声をかけてもらえない、先生の喜んでくれた時のあの笑顔が見れない事が、悲しいです。



ご案内

銀粘土教室案内

銀粘土教室は暫くの間、お休みします。

プロフィール

chashika

Author:chashika
結婚の為、福島県福島市に来ました。

2006年6月にアートクレイシルバー(銀粘土)のインストラクター資格を取得後、自宅教室や出張教室、イベントに参加しながら、講師活動を行ってます。

我が家のわんこ、ポメラニアンのチャチャ(14歳)とトイ・プードルのシンディ(13歳)の事や日々の出来事。
銀粘土で、世界でひとつのオリジナルな作品を作る楽しさを、お伝えできたらいいなぁと思っています。

2008年7月より、以前からやってみたかった彫金教室に通い始めました。

2010年4月にチャチャは私の元から遠くへ旅立ってしまいました。暫くブログを書いていませんでしたが、また頑張ろうって思ってます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

月別アーカイブ

02  01  07  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09